変化に対応 | 保険相談をすることで見直し出来る~ピッタリ保険探し隊~
スーツの人

変化に対応

基本契約は解約しない方が有利になる場合が多いです

次々に新しい保険商品が誕生していますが、既に加入している保険商品がある場合は、安易に契約更改を行うべきではありません。保険会社の営業マンは、会社から営業ノルマを課せられているため、新しい保険商品への契約更改を熱心に勧めてくるケースが多いです。しかし、昔契約した貯蓄性の高い保険を解約して新しい保険に変更してしまうと、損をしてしまう可能性が高いです。とりたてて保険内容に不都合を感じていないのであれば、いくら営業マンに勧められたとしても、そのままにしておくのが一番です。一方、既に契約している保険の内容が不十分だと感じている場合には、古い保険を解約するのではなく保険見直しで対処するのが得策です。保険見直しを行って不要な特約を解約し、本当に必要な特約を新たに契約するという形を取るようにした方が、有利になる可能性が高いです。

保険相談窓口を利用しましょう

世の中には数多くの保険会社が存在していますが、どの保険会社も新しい保険商品の開発に余念がありません。社会は時々刻々と変化していますので、その変化に対応できるような新しい商品を開発してくれるのはありがたいことですが、あまりにも商品の種類が多すぎて、どれを選べばよいのかわからなくなってしまう人がたくさんいます。保険選びや保険見直しで困っている場合には、無料で利用できる保険相談窓口を利用してみることをおすすめします。ショッピングモールなどへ行くと、経験豊富なファイナンシャルプランナーが無料で保険見直しなどの相談にのってくれる窓口が開設されています。誰でも自由に利用できるようになっていますが、必要以上に待たされたくない場合は、事前に予約を入れてから行くようにするとよいです。